公認会計士・税理士の藤沼です。

監査法人で非常勤職員として、年間60日(平均すると週1程度)ほど働いています。

  • 非常勤に興味はあるけど、働きやすいのかな?
  • 仕事内容や、求められるレベルを知りたいな

今回はそんな方向けに、非常勤職員としての実体験をお話したいと思います。

 

監査法人非常勤の1日の働き方と、年間スケジュール

監査法人非常勤の1日の働き方と、年間スケジュール

先に前提として、私の簡易プロフィールを載せておきます。

私の簡易プロフィール

  • 監査法人での実務経験:5年
  • 非常勤職員としての年数:2年目
  • 監査の年間日数:60日
  • アサイン先:1社のみ
  • 1日の勤務時間:6時間(定時)

EYで5年ほど監査を経験し、その後独立し、別の監査法人で年間60日ほど働いています。

非常勤職員としての年間アサイン日程は、次のとおりです。

非常勤職員としての年間アサイン日程

  • 1月 : 8日間
  • 2月 : 3日間
  • 3月 : -
  • 4月 : 11日間
  • 5月 : 11日間
  • 6月 : 5日間
  • 7月 : 8日間
  • 8月 : 3日間
  • 9月 : -
  • 10月: 8日間
  • 11月: 3日間
  • 12月: -

このような日程です。

私の場合は、四半期レビューと期末監査の繁忙期(人手の足りなくなる時期)にアサインされています。

期中におけるJ-SOX監査など、面白味のない業務にはアサインされないため、個人的には嬉しいです。

1日の働き方

私の場合は、基本的に残業なしで働いています。

これは私の希望ではなく、契約先の監査法人の方針です。

期末監査時は1日2時間~3時間の残業が発生しますが、それでもだいぶ稼働時間は少ない方でしょう。

 1日の働き方(閑散期)

  • 10時に出社
  • インチャージから作業の指示を受ける
  • 12時にお昼休憩(コロナのため各自でランチ)
  • 13時から仕事再開
  • 17時に退社

なお、具体的な作業内容(難易度や求められるレベルなど)は後述します。
>>「仕事内容」へ飛ぶ

クライアントから近い場所に住んでいることもあり、9時半ごろに家を出れば間に合います。

また、閑散期に残業が発生した日はゼロでした。

体への負担はほとんど無く、むしろ「楽しい」とさえ感じています。

 

1日の働き方(繁忙期:4月~5月)

  • 10時に出社
  • 12時にお昼休憩(コロナのため各自でランチ)
  • 13時から仕事再開
  • 19時~20時に退社

繁忙期となる4月~5月は、集中してアサインされ、かつ残業が2~3時間ほど発生しています。

4月中旬から5月中旬にかけて、4週間連続してアサインされているため、やや疲れを感じました。

とはいえ、審査資料の作成やクライアントとのミーティングなど、科目監査以外の作業はありませんので、必要な作業に一球入魂できる点で常に「不安」に駆られるような心配はありません。

 

チーム内でのコミュニケーションについて

非常勤職員なので、チーム構成員と「対等」な関係ではなく、「外部のお客さん」といった対応をして頂くことが多いです。

そのため、フランクな関係になることは少ないです。(人によりますが。)

私の場合は必要以上にコミュニケーションを取ることはなく、

ただし、クライアントから見れば同じ監査法人の職員ですので、監査業務については対等と考えています。

 

作業内容・求められる仕事のレベル

作業内容・求められる仕事のレベル

当然ですが、「パートナーの日程調整」や「ミーティングの設定」などの業務は求められません。

また、特にBIG4で経験したような「膨大な量のテンプレートへの文書化」なども求められません。(あれ、本当に無意味だったなぁ…。)

具体的な作業内容

私の場合は、次の作業を担当しています。

勘定科目

  • 未収入金
  • その他流動資産
  • 前受収益
  • 未払金
  • その他流動負債
  • 純資産

その他

  • 連結仕訳
  • 連結キャッシュフロー計算書
  • 仕訳テスト

一見して分かるかと思いますが、だいぶラクな科目を担当しています。(私、監査歴7年目ですよ。)

非常勤の職員は、このような分かりやすい科目を基本的に任されます。

なぜなら、仮に難易度の高い業務を割り振ってミスがあった場合、割り振ったインチャージの責任になるからです。

常勤(正社員)の場合は、勉強のために難しい業務を割り振られることも多いかと思いますし、常勤(正社員)だからこそミスがないように頑張りますよね。

ここが常勤と非常勤の大きな違いです。

仕事をしていて悩むことがあまりないので、精神的にも負担が軽く、業務でストレスを感じることがほとんどありませんでした。

求められる監査のレベル

上述したように、非常勤の場合は比較的易しい科目を担当させられます。

また、特に中小監査法人の場合、求められる監査品質も(大手監査法人に比べて)低いようです。

というのも、大手監査法人ではグローバル基準の超高品質な監査が求められるのに対し、中小監査法人ではそのような括りが緩いためです。

また、中小監査法人の「監査品質」には、別の品質管理基準が設定されています。
>>参考ページ:公認会計士・監査審査会「中小規模監査事務所の監査の品質管理について」

たとえば私はEYにいた頃、P/L項目についても十分な証憑突合をする等のルールがありました。(例えば、取引種類ごとに25件など)

しかし、中小監査法人ではこのような(ムダとも思えるような)手続きは必要なく、驚くほど手続きがラクです。

※ 誤解のないように付け加えておくと、決して手続きに「手抜き」があるわけではありません。非常に効率的な監査だと思います。(そして私のいる法人は、設立以来、一度も金融庁等から指摘を食らったことがありません。)

なので、特にBIG4出身の方であれば、「この監査手続きが足りない」などと指摘されることは、まず無いかと思います。

監査に苦手意識のあった私ですが、中小監査法人で働いてみてからは、苦手意識がまったくなくなりました。(BIG4に行ったらまた苦手になると思いますが…。)

 

女性(主婦の方や育児をされている方)には特にオススメ

女性(主婦の方や育児をされている方)には特にオススメ

私の契約している監査法人でもそうですが、非常勤の会計士は女性比率が非常に高いです。

やはり「基本、残業なし」「毎日出社しなくて良い」というのが大きいのでしょう。

時給は(中小監査法人であれば)安くても 6,000円/時 もらえますから、バイトとしても申し分ないでしょう。

非常勤職員が「産休」を取得することはできないと思いますが、「実質的な産休」であれば可能かと思います。
というのも、市場で公認会計士の数が不足しているため、出産のために一度現場を離れ、また戻ってくるということは容易です。

 

監査法人によって、非常勤の働き方は違う?

監査法人によって、非常勤の働き方は違う?

ここまでで、私の働いている監査法人をベースとした、非常勤の働き方をご紹介しました。

上述の内容は、基本的にどの監査法人でも変わらないかと思います。

しかし、次に掲げる点は監査法人によって若干違いがあります。

監査法人によって異なる点

  • アサイン先までの距離(遠隔地にアサインされる可能性)
  • リモート業務の可否
  • 給料

アサイン先までの距離

特に中小監査法人の場合、クライアント規模が比較的小さいことから、遠隔地のクライアントが多いケースがあります。(監査法人の意向により異なります。)

また、出張の過多も監査法人によって異なります。

出張に関する情報は、通常、非常勤の求人票に記載があるのですが、具体的なクライアント先までは記載のないケースが多いでしょう。

なお、私は事前にクライアントをある程度調べてから非常勤先を選びました。

リモート業務の可否

こちらも大手監査法人とは異なり、中小監査法人の場合はリモートワークのための仕組みがない可能性もあります。

これは「紙ベース」での調書作成が基本となるためです。(大手監査法人ではほとんどの調書が電子化されていますが、中小監査法人ではまだまだ紙ベースです。)

給料

大きく異なるのが、給料です。

以前、下記の記事で監査法人14社の非常勤時給単価をリサーチしております。
>>関連記事:公認会計士のバイトの時給は、超高単価です【バイトの探し方と実情】

リサーチ結果によれば、最も時給の低い法人は「4,667円/時」、最も時給の高い法人は「8,571円/時」でした。

余談ですが、㈱大塚家具が監査法人をEYから開花監査法人(中小監査法人)に交代した際は、開花監査法人が時給10,000円で非常勤職員を募集していましたね。

このように、監査法人によって時給単価が大きく異なるため、正しい求人選びが大切になります。

また、中小監査法人の方が時給単価は高くなる傾向にあります。

私がEYにいた頃の非常勤単価は4,000円でしたが、今の監査法人(中小)では7,000円貰えています。

 

本業や私生活とのバランス

本業や私生活とのバランス

本業や育児・家事の合間に稼げるのが、非常勤の大きなメリットです。

ここで、よく聞かれるのが

「アサインのない日に、クライアントから電話がかかってきたりしないか?」

という疑問です。

アサインのない日にまで仕事が発生してしまっては、本業や私生活に影響が出てしまいます。

私の場合ですが、アサインのない日は基本的に監査法人の仕事はしませんし、メールすら見ません。

契約外ですから対応をする必要がありませんし、そもそも単純な科目しか割り当てられませんので、急を要する連絡はまず来ません。

というわけで、私の場合はアサインのない日は100%本業またはプライベートに充てています。

仕事の心配事や不安をプライベートに持ち帰ることがないため、ストレスはゼロです。

 

まとめ:働きやすい監査法人非常勤の探し方とは?

監査法人非常勤の探し方

まとめです。

まとめ

  • 非常勤では、単純な仕事だけが割り振られる
  • 特に中小監査法人では、品質の基準がゆるめ
  • アサイン外の日程での仕事はゼロ
  • 「給料」は監査法人によって大きく変わる

非常勤を募集している監査法人の探し方は、次の記事でご紹介しています。
>>関連記事:監査法人非常勤がオススメな理由+求人の探し方3選【給与明細公開】

求人選びさえ間違えなければ、ラクに大きく稼げますよ。